串間保さん

一人芝居で世界をいく 世界でご活躍中の俳優 串間保さん。航空チケットと、忘れかけていた13歳の時の想いだけを持ってアメリカに渡り、呼ばれればどこでもと、ひとり芝居を続けている。串間保さん作の一人芝居『木挽きのほほえみ』は、日本の古くからの自然と人間との、共存をもった国造りを題材としており、2016年11月に出雲大社の遷宮を迎えた佐太神社さんへの奉納されました。新しい生き方、流れるような生き方とは?​​​​​​​​​​

Go to link